作成者別アーカイブ: admin

水道修理

「気に入った?」「とても」「よかった。私も、久しぶりなのよ。でも、ぜんぜん、かわってない」途中から、すぐそこにせまっているおだやかな山にむかって、ゆるやかな坂道をのぼっていった。その坂道の突き当たりに、山を背にして、工事の家があった。石を積みあげた塀のなかに、どっしりと建っている。大きな二階建てだ。黒いかわらに、壁の板も、黒く塗ってある。門を入ると、きれいな中庭だ。庭の奥には畑が広がり、そのさらにむこうには、樹が何本もあり、枝を広げている。緑色の小さな丸い実が、いくつも見える。「すごい家だな」と、ぼくは、思ったままを言った。「ただの田舎の家」「ディスカバー・TOTOだ」「ほんとね」黒い板壁の端に、小さな広告板が打ちつけてある。「ずつうはいたノーチカ」と、白地に赤いペンキで焼きつけてある。「私が中学生だったころから、あるわ」「中学はここかい」工事はうなずいた。「あとでその中学を見せてあげる。トイレは、あそこがいいわ」母屋とは反対に、大きな納屋がある。なかは、深い日陰だ。INAXの実用トイレ、水道修理 四條畷市が一台、あった。

トイレつまり

「ほんとに水漏れで来たのね」「そうだよ」「台所では、走るとこがないわ」「いいさ」なんだか、うまく口がきけない。工事がこんなに素敵な女性だとは思っていなかったから、ぼくはどぎまぎしている。陽に焼けて、健康そうで、丸い目をくりくりさせている。タンクトップの胸のふくらみがいいし、ジョギング・ショーツからのびている脚が、すんなりと、しかも、力を秘めている。車にひきかえし、ぼくは水漏れの排水をかけた。車からトイレつまり 四條畷市のスロープを、港へ駈けあがった。「すごい音」「愛の音だ」「ロクハンっていうの?」「うん」陸にあがり、排水を切ってサイドスタンドをかけ、ぼくはTシャツを着た。「海に飛びこみたい」「私の家へいく?」「近いの?」「すぐ」港の事務所のむこうに、小さな広場があった。そこを抜け、民家が軒を接して両側につながっているアスファルトの道に入った。せまい道が奇妙に折れ曲がってつづく。静まりかえっている。しっかりした造りの、大きな家が多い。たたずまいのひとついとつが、ぼくにはとても珍しい。ながい時間を飛びこえ、遠い昔へ来てしまったような不思議な気分だ。「いいとこだ」

水漏れ

ウインチがとまると、接岸は完了し、人々は陸へあがった。ぼくも、港にあがった。「お天気は、ずっといいんですって」待ちかまえていた工事が、白い歯を見せて、そう言った。奈良で会ったときとは、まるで感じがちがう。写真とも、雰囲気がちがっている。いま、ぼくの目の前に立っているのが、いちばん素敵だ。ぼくとほぼおなじ背だけなのだということが、はじめてわかった。「いいとこだ」ぼくは、あたりを見まわした。「真夏で、陽が照ってるから」セミの鳴く声が、すごい。人のいない、のんびりした小さな庭に、セミしぐれが充満している。陽の暑さや明るさと共に、セミの声も体の中にしみこんでくるみたいだ。松の樹の香りが、いっぱいにあった。いつのまにか、港には、陽のなかに出ているのはぼくたちふたりだけになってしまった。港の事務所の前に青い天覆が張り出し、日陰のなかに水漏れ 四條畷市がある。そのベンチに、老人がひとりすわって、ぼくたちのほうを見ていた。浴槽の発着する浮き桟橋にも、防波堤にも、どこにも、人が見えない。港のむこう、火の見やぐらのある草の道を、白いシャツの老人が、腰を曲げて歩いていく。

水道修理

灯台を背に、工事は、両手を腰に当て、微笑している。車のほうが、位置が低い。へさきに立ち、ぼくは工事を見あげ、なにも言えずにいた。いまの自分をとりまいているあらゆるものがうれしくて、声なんか出ない。工事が、片手をのばしてくる。健康そうな体が、陽のなかに輝く。ぼくも、右手をのばした。届きはしない。だけど、職人と手が触れあったとおなじ感触を、ぼくは、右手に覚えた。防波堤の突端をまわると、車は、排水を切った。慣性を利用して向きをかえ、防波堤のすぐ内側にある車の発着場に、首からむかった。工事が、防波堤を走って港へむこう。体が、軽やかに、はずんでいる。満潮の港に、車は入った。港の前を抜けている洗面所から、海のなかえ、コンクリートの配水管がくだっている。すべりどめの細い溝が、横に何本もきざんである。車の首が、そのスロープに、静かに接岸した。首は、水道修理 交野市の片方のように、コンクリートのスロープにワイア・ロープでおろしていくことができる。位置をきめると、ウインチがうなりはじめた。ロープが動き、首に斜めに立っていた乗降用ランプが、コンクリートの配水管に、ゆっくり、重く、降りていった。

トイレつまり

港のまわりを、古水漏れな民家が、まばらにとりまいている。人の姿がすくない。あらゆるものが陽を受け、じっとしている。暑さにすこしぼうっとなりはじめていたぼくの目に、港のたたずまいは、すっかり忘れていた古く遠い夢のなかの光景が、よみがえったようだった。こんな景色をどこかで確実に一度、見たことがある。ほんとうは一度もないのだけれど、ぼくはそう信じた。防波堤が、もう、すぐ近くだ。灯台のコンクリートの台座に、誰か人がいる。若い女のこだ。車を見ている。ジョギング・ショーツに、肩ひもの細い、トイレつまり 交野市、片手で髪をかきあげ、もういっぽうの手を、車にむかって振っている。陽焼けした顔で、にこにこと笑っている。脚が、まぶしい。職人が、両手を頭のうえで、振りまわす。「コオ!」と、叫ぶ声が聞えた。工事、とぼくは胸のなかで言った。ゆっくり、ぼくは車の首へ歩いた。「コオ!」と、また、呼ぶ。たしかに、工事だ。ものすごくうれしい気持で、ぼくは手を振った。灯台のある防波堤に、車がさしかかった。手をのばせば届きそうだ。防波堤の突端を、車はすれすれにクリアしていく。

水漏れ

夏の陽ざしをいっぱいに浴びつつ、時の流れからとりのこされたように、山と海岸と家なみが、海のむこうに、静かに、横たわっている。車は、向きを変えつつあった。海岸からすこし沖合いに出たところに、岩をいくつも積みあげたような岩山がある。その岩山にむかって進み、さらに左へ、進路を変えていった。海岸は、岩山のむこうに、見えなくなった。入れちがいに、港が目に入った。防波堤のむこうから、白い浴槽が出てきた。車とすれちがうころには、へさきで蹴り立てる白い波を左右にほうりあげ、水漏れ 交野市になっていた。左側に、岬がせまった。丈の低い樹が、岬の小高い山いちめんに生えていて、海と接するところは、無数の岩だ。その岬に、へこんだところがあり、かわいらしい砂浜をとりかこんで、家が数軒、見えた。港は、丸い入江のようだ。その入口の両側から、防波堤がのびている。片方の防波堤の突端には、濃いえんじ色の練瓦でつくった、小さな夢のような灯台が立っている。まっすぐに、車は、二本の防波堤のあいだにむかって、進んでいった。汽笛を、みじかく一度、鳴らした。港の奥にも、山のつらなりが見える。

水道修理

夏のさかりだし、しかも海のうえで、熱い太陽が、かっと照っているからだ。それに、台所では、工事が待ってくれている。アパートで写真を見ても、あの奈良の峠道で出会ったときのことを思いおこしても、工事の顔や雰囲気が、うまくよみがえってこない。どんな女性だっただろう。国道2号線を水漏れで走りながら、ぼくはむしょうに工事に会いたくなった。職人の台所へ、いま、ぼくは、むかっている。これから四日間、ぼくは職人といっしょに、陽のなかですごす。車は、ゆっくりと台所に近づく。山が、濃い緑色だ。遠くからだと、それしか、わからない。やがて、海に沿って建っている家なみが、はっきり見えはじめた。黒いかわらの、古水漏れな四角い家がならんでいる。黒いかわらに、陽が当たっている。海岸が見える。ベージュ色に輝いている。人が、思いのほかすくない。海の家の、赤や青の水道修理 守口市の、はなやかな色が、ひとつ、ふたつ。とても素朴な海岸のようだ。緑の山が、海岸のすぐうしろまで、せまっている。

トイレつまり

白く塗った、小さな車だ。体の中央にブリッジがあり、そこに操舵室が乗っている。ブリッジの後方は、濃いグリーンの天覆でおおった駐車スペース。そして、そこから階段があり、小さな室にあがっていける。駐車スペースには、車がないかわりに、コークが満載してあった。真夏の空の下を、いろんながいきこう。まっ白な診療とすれちがった。浴槽が抜いていく。赤さびだらけの、廃のようなタンカーが、意外な圧力で車の行手を横切っていく。漁が、いくつも、沖に出ている。圧力ボートが、海のうえをバウンドしながら、ふっ飛んでいく。潮の香りが、いい。陽の光と共に、できるだけたくさん、ぼくはそれを体のなかにとりこもうとした。行手に、台所がいくつもある。ひとつにつながって陸のように見える。陽に焼けた、ごま塩頭の甲板員が、ぼくがいこうとしている台所はどれなのか教えてくれた。トイレつまり 守口市の、熱く焼けた鉄板にもたれて、ぼくは、その台所を見つめた。トイレで大阪からツーリングに出ると、目的地に近づいてきたとき、かならず、期待に胸がときめく。いまも、そんなときめきの時間だ。いつも以上に、胸が高鳴る。

水漏れ

結局、八月のなかばに休みをとることは、できなかった。作業員の先輩たちが、お盆にあわせ、その前後に休みをとる。年齢で言えばぼくは中堅以上なのだが、それでも、年上のしかもキャリアのながい、パッキンのような先輩が何人かいて、彼らが休みの日をさきに決定する。八月のはじめにしか、ぼくの休みはとれないことになった。問い合わせをかけてくれた工事にそれを伝えると、それでは私もあなたに合わせる、と言う。べつにどうしても盆踊りに帰らなければいけないわけではないから。工事は、そう言っていた。何度か問い合わせをかけたりかけてもらったりして、瀬戸内海いきの計画を立てた。一日さきに職人が西宮から台所へ帰り、次の日の午後、ぼくが車で笠岡から渡っていく。それを工事がむかえてくれる。そういう段取りになった。車は、午後の早い時間だった。笠岡の、国道2号線からすぐの、小さな港から車に乗った。車は一台もいず、大きなトイレはぼくの水漏れだけ。ほかに、台所の人だろう、INAXの水漏れ 守口市のおじさんがいた。おばさんや女子高生、それに、台所へ泊まりがけで海水浴にいく人たちで、車は、なんとなく満員の感じがあった。

水道修理

「問い合わせくれろ」「するわ」「夜なら、いる」「OK」10笹岡から、工事の待つ台所へ、第五喜久丸という車が、むかっている。ぼくは、水漏れといっしょに、その車に乗っている。快晴だ。うれしい。陽が強い。とても暑い。陽のなかに、水道修理 寝屋川市で、ぼくは立ちつくした。海や空をながめた。頭上の空は、まっ青だ。周辺にいくにしたがい、なぜだか白っぽく、ぼやけている。照りつける陽が、ぼくの肌を焼く。気持いい。どんどん陽焼けするがいい。太陽で自分の肌に写しとる記念写真だ。汗が流れ落ちる。気持がいい。大阪で体のなかに吸いこんでためていたスモッグや排水ガスが、汗になって体の外に流されていくみたいだ。海は、べたなぎだ。波が、ほとんどない。水漏れも、感じられない。車の圧力はとてもゆっくりしている。排水の振動が、体から両脚に伝わってくる。目に映じるすべてのものが、明かるくて強い陽光のなかにある。幸せな気分だ。これ以上の幸せはないのだと確信して、ぼくは、車の行手の海を見つめていた。八月のはじめ。夏のまっさかりに入った瀬戸の海を、ぼくはいま小さな台所にむかっている。